Home DTM Logic Pro Xで特定のリージョンをミュート/ソロにする

Logic Pro Xで特定のリージョンをミュート/ソロにする

Logic Pro Xで、リージョンを部分的にミュート・ソロにしたい場合の方法についてです。
Logic Pro Xでのミュート・ソロの適用方法は、トラックを選択し、「S」ボタンでソロ、「M」ボタンでミュートですが、リージョンを部分的にミュート・ソロにする場合はキーボードのショートカットキーを使用します。

ちなみに普通にトラックをミュート・ソロにする場合は、トラックを選択した状態で、キーボードの「Sキー」「Mキー」を押してもできます。

リージョンをミュートにする

リージョンのミュート

ミュートにしたいリージョンを選択し、キーボードの「Control + M」を押します。リージョンがグレーになり、ミュート状態になります。

ミュートを解除したい時は、再び「Control + M」で解除できます。

MIDIノートをミュートにする

ミュートのショートカットは、MIDIノートでも使用できます。

MIDIノートのミュート

ミュートにしたいMIDIノートを選択し、「Control + M」を押します。
ミュートにしたMIDIノートがグレーになり、ミュート状態になります。

ミュートしたMIDIノートを一括で削除する

ミュートしたMIDIノートを一括削除

Shift + M」でミュート状態にしたMIDIノートを全て選択状態にできます。
あとは、Deleteキーを押せば、一括で削除ができます。


リージョンをソロにする

リージョンのソロ

ソロにしたいリージョンを選択し、キーボードの「Control + S」を押します。リージョンの枠線が黄色になり、ソロ状態になります。

ソロを解除したい時は、再び「Control + S」で解除できます。


以上、Logic Pro Xの便利なショートカットのご紹介でした。

Logic Pro Xを使いこなしたい 〜 ピアノロールのショートカット編