Home DTM 【PRS S2 Custom 24】はじめての弦交換

【PRS S2 Custom 24】はじめての弦交換

PRS S2 Custom 24

最近新しいギターを購入しました。
PRS(Paul Reed Smith)S2 Custom 24 Elephant Grayというヤツです。

僕はギター歴はそこそこ長いのですが、ブランクがものすごく空いてるので、今、猛特訓中です。

で、超久しぶりにギターの弦を交換しようと思ったのですが、「どうやるんだっけ?」って思ったのと、PRSがちょっと普通と違う感じで少し戸惑ってしまったので、弦交換の手順をメモしておこうと思いました。

弦を外す

弦をニッパーで切る

まずは、弦を適当に緩めてからニッパーで切ります。

ギターを磨く

ポリッシュとレモンオイルとクロス

弦を全て外したら、ギターをピカピカに磨きます。
画像の右側のがポリッシュです。これをクロスにつけて、ボディを磨きます。
左側はレモンオイルです。これでギターの指板を拭きました。

ギターがピカピカになった

わかりづらいかもですが、ギターがピカピカになりました。

弦を張る

ダダリオEXL110

ギターの弦は、D’Addario(ダダリオ)のEXL110を使用してます。

カラフルなボールエンド

ボールエンドが弦ごとに色が付いていて素敵です。
弦の順番は下記の通りです。

PRSの裏面

ギターのボディ裏側の穴から弦を通します。
左から1〜6弦を通します。

PRSのロック式ペグ

ペグの穴に弦を通します。
ここで「おやッ!?」っとなったのですが、PRSのペグは「ロック式ペグ」というそうで、この黒いネジみたいなところをコインで締めて弦を固定します。
ロック式ペグは弦をグルグル巻き付けなくてよいので、チューニングが狂いにくいそうです。
あと、やってみて思ったのは、グルグル巻かなくてよいので、弦の交換が非常に楽なんだな、と思いました。

弦交換後のギター

そんな感じで、6弦から1弦まで弦を張りました。
最後に弦の余った部分をニッパーで切断して、弦交換は完了です。

ロック式ペグ、すごく楽ですね。あっという間に弦交換がおこなえました。