Home Other iPhoneで撮影した写真の拡張子が「HEIC」になってた!「JPG」に戻す方法

iPhoneで撮影した写真の拡張子が「HEIC」になってた!「JPG」に戻す方法

iPhoneで撮影した写真の拡張子が「HEIC」になってた!「JPG」に戻す方法

先ほど、iPhoneで撮影した写真をMacに転送したところ、写真ファイルの拡張子が「○○.HEIC」という見慣れない拡張子に変わっていました。
これまではjpgだったのに。

この謎の拡張子はどういうものなのか、調べてみました。

拡張子「HEIC」とは

HEIC」とは、iOS11から採用された拡張子だそうです。
高画質でありながらJPGよりもファイルサイズが軽いです。
対応していないアプリでは写真を見ることができません。

Pushbullet

「Pushbullet」というiPhoneやPCのデータを送受信できるアプリを使っているのですが、そのPushbulletでiPhoneからMacに写真を数枚転送しようとしたら、まったくプレビューが出来なくて不便に感じました。

Windowsでもやはり扱うことはできないそうです。僕はMacなので問題ないのですが。

JPGよりも軽いので、これから多くの機器やアプリが対応してくれると嬉しいですね。

iPhoneの写真の保存形式をJPGにする

すでにHEICで保存されてしまった画像はもう戻せないですが、写真のデフォルトの保存形式をJPGに変更することができます。
JPGのほうがいい、という方はこの方法で変更しましょう。

iPhone設定「カメラ」

まず、設定アプリから「カメラ」を選択します。

iPhoneカメラ「フォーマット」

次に「フォーマット」を選択します。

iPhoneフォーマット「カメラ撮影」

カメラ撮影の項目を「高効率」から「互換性優先」に変更します。
これで次から撮影する写真はJPGで保存されるようになります。
ここで「高効率」を選択すると写真はHEICで保存されるようになります。

HEICをJPGに変換する

HEICで保存された写真の拡張子をJPGに変換する方法をいくつかご紹介します。

Macの「プレビュー.app」を使ってJPGで書き出す

僕はPCはMacを使用しているので、Macでのやり方ですが、HEICファイルを「プレビュー.app」で開き、上部のメニューで「ファイル」→「書き出す…」を選択します。
そして、フォーマットを「JPG」にして保存をクリックすればJPGに変換されます。

変換ツールを使う

HEIC変換フリーソフト

JPGに変換したいファイルを白い枠内にドラッグするだけです。変換が完了したらそのファイルをダウンロードできるようになります。

Apowersoft HEIC JPG変換フリーソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.